白石晴香(しらいしはるか)、女優で声優です。「山賊の娘ローニャ」の声優といった方がわかりやすいですかね。
彼女のプロフィールや性格などについてよく御存じでない方もいらっしゃると思いましてまとめてみましたよ。Wikiとかでもあまり多くの情報が載ってないので(今後充実してくるとは思いますけど、、、。)

スポンサーリンク

ども!管理人のカズです。よろしくお願いします。
今回の報告はこちら、

白石晴香のプロフィールについて

生年月日:1995年4月8日
出身:東京都
血液型:AB型
身長:160センチ
趣味・特技:ジャズダンス、バレエ、華道、書道、ダンス、サッカー

長所:いつも笑顔
短所:マイペース

所属はヒラタオフィスです。

まだ10代ですが、同年代の声優は他にもいますね、
ちょっと調べてみました。

福田花音 3月12日生まれ
小倉唯 8月15日生まれ
渡辺友裕 9月8日生まれ
水瀬いのり 12月2日生まれ

意外といますね、みんな若いこともあって声優というよりも女優やアイドル活動の一つとして声優をやられている感じですね。

20141107-1

白石晴香の活動について

スポンサーリンク

公式プロフィールによりますと白石晴香の活動はこんな感じです。

STAGE
劇団空間エンジンプロデュース『オサエロ』(2013年)
『華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド 再会』(再演)ヒロイン:浅木はる役(2013年)
『華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド』ヒロイン:浅木はる役 (2013年)
郡司企画『チャンス2012』片桐麗役 サンモールスタジオ(2012年)
郡司企画『Present』サリー役 シアターアプル(2008年)
イマジンミュージカル『若草物語』アンサンブル 新宿文化センター(2008年)
郡司企画『GANG』デイジー役 シアターアプル(2007年)

ANIMATION

映画『ガラスの仮面ですがZ』姫川亜弓役(2013年)
『ガラスの仮面ですがZ』姫川亜弓役(2013年)
『カッコカワイイ宣言!』委員長/リス/とり役(2012年)
DVD『たわけが!編』「泉の精」(2012年1月27日発売)
DVD『うめーから編』「反人間派組織」/「リクライニングシート後編」(2012年3月23日発売)
『コクリコ坂から』主人公の妹:松崎空役 監督:宮崎吾朗 (2011年)

TELEVISION

JCN『け~ぶるノススメ シーズン4』メイン:川相絵音役(2011年4月~)
NTV『音龍門「朗読少女」』(2011年)

SHORT MOVIE

短編映画『あれから』女子高生役(2012年公開予定)
エーザイ『夕香の季節』主役:和田夕香役(2012年2月~)

最初のステージの郡司企画『GANG』が2007年ですから白石晴香がまだ12歳のころですね。
高校どころか小学校を卒業するくらいの時期ですね。
そしてアニメだと「コクリコ坂から」が2011年の公開ですので、女優活動の方が先なのですね。

「山賊の娘ローニャ」(NHK BSプレミアム)ではローニャという主人公の声を演じるのですが、この作品は「コクリコ坂から」と同じ宮崎吾朗が監督なんですよね。
「コクリコ坂から」での白石晴香の声を気に入っての抜擢だと思います。

白石晴香の性格やプライベートについて

20141107-3

白石晴香の性格で下ネタというものが話題になりましたが、
これは、アニメ「カッコカワイイ宣言!」でのコメントで委員長役の白石晴香が
視聴者へのメッセージとしてこんなことを言いました。

「皆さんに少しでも笑っていただけたら嬉しいです。私は、委員長がサラッと下ネタを言うところが好きです。是非!!よろしくお願いします。」

というのが一部で話題になりまして、それで白石晴香が下ネタ好きということになったみたいですね。
このコメントをを見ると、白石晴香はサービス精神あふれる人みたいで好感が持てます。が、下ネタが好きかどうかは不明ですね(笑)

あ!白石晴香は自身で「匂いフェチ」といってますので、あやしいかも(笑)

なぜか公式ブログが期間限定となっていますが、そこでは愛犬と一緒の画像とかもアップされてますので、白石晴香の性格とかも垣間見えるかもしれません。

スポンサーリンク

今回の報告はここまでです。
お読みいただき、誠にありがとうございました。

次回の報告もお楽しみに!